JeSPA、PS4版「Rocket League」のオフライン大会を開催決定。参加者募集中

jespa-logo

日本のe-Sportsの発展を推進する団体である日本eスポーツ協会「JeSPA」が、PS4版”Rocket League“(以下 RL)の大会を3月13日に東京・豊洲PITにて開催することを、昨日同団体の公式ホームページ上にて発表した。

今回の大会は、「第1回 日本eスポーツ選手権大会」という大会のオープンタイトルとして開催され、ほかの採用タイトルは格闘ゲーム”GUILTY GEAR Xrd -SIGN-“や、FPS”Counter-Strike: Global Offensive”、スポーツゲーム”FIFA16″が3月12日と13日の2日間で開催され、その3タイトルに関しては既にオンラインやオフラインで予選を行っている。
※”GUILTY GEAR Xrd -SIGN-“に関してはオンライン大会を3月5日に開催予定

また他のオープンタイトルとして、格闘ゲーム”デッドオアアライブ5 ラストラウンド”も開催され、同時に5タイトルものe-Sportsの大会が開かれる事は珍しいのではないだろうか。

RLとは

Psyonixが提供するサッカーゲーム、だが大きく異なるのは、ボールを蹴るのが人ではなく車という点だ。分かりやすいゲームの為、観戦も盛り上がることができ、e-Sportsとしてはうってつけのゲームだと私は感じている。

私自身もRLの大会を実況しており、今後に大きく期待の持てるタイトルだと思うので、是非プレイしてほしい。Steam、PS4、Xbox oneでリリースされている。

 

JeSPAとは

日本におけるeスポーツの国内普及と世界レベルの向上を目指し、eスポーツを通じて日本ゲーム産業の発展に寄与すべく活動を行う団体で、今回のような大会運営や選手への支援を積極的に行っていくようだ。

詳しくは後述の公式ホームページを参照してほしい。

 

参考URL

JeSPA公式ページhttp://www.jespa.org/
JeSPA大会ページhttp://jesc1.jespa.org/
RL公式ページhttp://www.rocketleaguegame.com/

記事を書いたライター

『記事書くのも、絵を描くのも、ゲームをするのも楽しくをモットーに。一緒にe-Sports盛り上げましょう!』
jespa-logo

この記事が気に入ったらいいね!しよう

こんな記事も読まれています

人気の記事一覧