ゲーム以外でゲームが上達する6つの方法

thumbnail.jpg

こんにちは、かみなです。みなさんはゲームを上達するために、どのようなことをやっていますか?

ゲームをしながら上級者にアドバイスをしてもらったりゲームをただひたすらプレイしたりも良いですが、今回はプレイ以外のゲームを上達する方法について紹介します!

集中力を高める

考える

e-Sportsと呼ばれるジャンルのゲームをするとき、集中力はとても重要です!相手の隙や味方との連携など、集中していないと見逃してしまうことってたくさんありますよね!ではどうやって集中力を高めたら良いのでしょうか?

ガムを噛む

ガムを噛んで集中力を養うことは有名で、多くのプロゲーマーや野球選手、アスリートなどもよく噛んでいますね。

噛むことは記憶を保存する海馬を活性化させるため、扁桃体へのストレス反応を抑えることによって脳がリラックスするので、ストレスが緩和し、集中力アップに繋がるとのこと。

しっかりと睡眠を取る

受験などでは、一昔前まで「四当五落」(4時間睡眠で勉強した人は受かるが5時間も睡眠を取った人は落ちる)という言葉がありましたが、現在では科学的に睡眠の重要性が認識されています。

睡眠時間を削ってゲームの練習をすることは、集中力や記憶力を低下させて非効率な練習になってしまうので、出来るだけしっかりと毎日の睡眠を取りましょう。

食事を取りすぎない

満腹になると食べた物の消化や分解で血液が内蔵に向かってしまいます。そのため、肝心の脳に血液が行き届かなくなるので集中力が低下します。昼食後に学生が眠ってしまうのはこのためかもしれません。

逆に空腹時はホルモンの1種であるグレリンが放出され脳に頑張るように命令を出しますが、空腹に気を取られて集中できない、なんてことがないように自身のお腹と相談する必要があります。

反射神経を鍛える

反射神経はe-sportsでは絶対必要な要素のひとつだと思います。相手の攻撃を見て防御したり、相手を瞬時に攻撃するなど、集中してるだけではなく、反射神経を使って指や体を動かすまでが大切です。

反射神経を鍛えるためには、何気ないトレーニングが必要です。例えば、電車で窓の外に人が見えたら手を閉じて拳を作ったり、道路でトラックが通るたびに指を動かしたりなど、バレると少し恥ずかしいかもしれませんが、反射神経を鍛える方法のひとつです。

指を温める

手袋

ゲームを上手に操作する上で重要なのは指の細かい操作性です。ファミコンが発売されてすぐに、『ゲームは手先が器用になる』と言われたほど手先をよく使うので、冬などの指がかじかむ季節だけではなく、どの季節も指を上手に動かすためにゲームをプレイするために少し温めましょう。

カイロを使う

プロゲーマーも御用達のこの方法ですが、指が動きやすくなるので、筆者も時々やりますが本当に効果大です。大会など大切な試合の前にはぜひ行ってみてください。また、モニターとキーボードの間や細かいスペースに置けるのでプレイの合間にササッと指を温めることが出来るのも魅力のひとつですね。

反省する

反省

ゲームを上達する上で自分のプレイを反省することは非常に重要です。どんなゲームでも大会優勝やプロを目指しているチームのほとんどが反省会を行っています。それほど反省して次に繋げることはとても重要です。

自分のプレイを動画に撮る

自分のゲームプレイの動画を見直すと反省点も見える場合が多いです。しかし、あくまで自分は自分のメカニクスで動いていますので、メカニクスが間違えている場合はそれに気づかないなんてことも……。

自分より上手い友達などに見てもらうことが良いと思います。プレイしながらアドバイスをもらうのと違って冷静に意見を取り入れられます。

最後に

ゲーム以外で上達する方法、いかがでしたか?
プレイをいくらしても中々上達しない、と行き詰っている人もいると思います。出来るだけお金がかからない方法を抜粋してみましたので、ぜひ気軽にお試しくださいませ!

記事を書いたライター

ダーツとスノボーを愛しています。スノボーはパークで遊ぶのが大好きです!お酒とラーメンが大好きなので、都内の美味しいお店あれば教えてください。
thumbnail.jpg

この記事が気に入ったらいいね!しよう

こんな記事も読まれています

人気の記事一覧