【LoL】ランダムミッドの理解を深めよう! 役割別立ち回り 後編

thumbnail.jpg

前回の役割別立ち回り 前編は読みましたか?

今回はそれの続きになるので、いきなり本題に入っていきます。

役割別の立ち回り

※この色で表示されている文字は意味が分かり難ければ、マウスカーソルを合わせると簡単な意味が表示されます。

イニシエーターチャンピオン

イニシエート

AmumuAlistarBlitzcrank

①序盤

Lv6にならないとイニシエート能力が高くないチャンピオンは、ファイターと同じで活躍は難しいです。

ですが、低Lvでも「Hook 」「AoE Hard CC」持ちのイニシエーターであれば、相手のPokeチャンピオン等を狙うことで対抗する事が出来ます。もしこちらの方がPokeチャンピオン、回復持ちチャンピオンが少なければ体力を減らされる前にエンゲージをするようにしましょう。

②中盤、終盤

「AoE Hard CC」持ちはなるべく数を巻き込んでイニシエートする時間です。軟らかい相手を巻き込めらたより成功です。

この時に注意する事は味方のUltの有無の確認です。自分しかUltが無いのにイニシエートをしてしまうと、先制を取っても相手にUltがあると相手の方が有利になってしまうので気を付けて下さい。

ult

Ultの有無は味方アイコンの上にあるゲージで確認ができる。

味方がイニシエートに合わしてくれやすいように、少し前にピンで「移動中!」等を鳴らしておけば、味方にイニシエートすることが伝わり易いです。

「Hook」持ちは軟らかいチャンピオンをなるべく引っ張ってください。

相手の防具などを見て、倒すのにそこまでの時間が掛からないチャンピオンなら引っ張っても良いです。硬いチャンピオンを引っ張ってしまった時は体力を少し削るだけにして倒し切ることは考えなくて良いです。

注意する点は「AoE Hard CC」持ちは絶対に引っ張らないようにすることです。引っ張ってしまうとそのまま味方複数に当たるように突っ込んでCCを使ってきて、相手のイニシエートの手伝いをしてしまう形になってしまいます。

アサシンチャンピオン

アサシン

FizzRengarTalon

①序盤

この時間帯で強い訳ではないですが、ここである程度育ってないと後が辛いので、キルとアシストは積極的に取りに行って下さい。チャンピオンによっては体力を先に削られてしまうとアシストすら難しくなるので、mark「マーク」も活用してアシストを取り、お金を溜めて下さい。

②中盤

ここからキル性能が大幅に上がるので、バーストで倒せる敵がいるなら少し危険でもキルを狙いに行って良いです。ただし、自分が確定で倒されてしまうのに一人だけを無理に倒しに行くまでの価値はないです。

③終盤

集団戦が多くなりDPSの高いチャンピオンが活躍する時間帯なので、その軟らかいチャンピオンを倒すのが主な目的になります。戦闘が始まっても倒せそうになければ、狙えそうになるまで待っても良いですが、ファイター等がすぐに倒せる体力になっていれば、そちらを優先して倒しても良いです。

立ち回りが難しいですが、敵の数を減らすことを意識していれば動きやすいかも知れないです。

役割はチャンピオンではなくアイテムで決まる

vlad

今まで役割別で代表的なチャンピオンを一緒に書きましたが、その役割になるかはアイテム次第です。アイテムによって全ての役割が出来るとはなりませんが、チャンピオンによっては複数の役割適正があります。

  • マスター・イー(アサシン)→防具を積んでファイター化
  • レク=サイ(ファイター)→序盤だけ魔力を上げてPokeチャンピオン化、後は防具を積みタンク化
  • ケネン(Poke、イニシエーター)→攻撃力と攻撃速度を上げてDPSチャンピオン化

一般的なビルドではなくてもチームのバランスを整えるためにアイテムを変えて役割を変えると、結果的にチームとして強いことがあります。もし一般的ではないビルドをする時は、事前に味方に伝えておくとビルド変更による被りが少なくなるのでやっておきましょう。

バランス思考で色々な役割持ちを並べるか、序盤や終盤に強い役割を固めるかは人其々ですが、それにあった戦い方をして勝利を掴みましょう!

記事を書いたライター

『e-Sportsはまだまだ日本では浸透しているとは言えないので、マイナーからメジャーになるよう微力ながら皆さんと一緒にe-Sportsを盛り上げていきたいです。』
thumbnail.jpg

この記事が気に入ったらいいね!しよう

こんな記事も読まれています

人気の記事一覧