【LoL】役割別でチャンピオンの目的をはっきりさせておこう!

thumbnail.jpg

チャンピオンページに公式が分けている「役割」というものがあります。書いている場所によっては特性や属性になっていますが、全て同じ意味です。

役割はそのチャンピオンの性能を大まかに分けたもので、一つのチャンピオンにメインと大体はサブの役割の二つ付いています。

こういうチャンピオンが操作したい、こんな動きをしたいなどのピックの指標にもなるので、今回はその役割がどういった動きを目的としているのかを説明をしていきます。

役割別の特徴

アサシン

アサシン

一人のチャンピオンに対して短時間で高いバーストを出せるチャンピオンが主にこのカテゴリーに含まれる。

ブリンクやステルスなどを活かして、相手のマークスマンやメイジなどの防御力の低い相手が孤立している所をバーストでキルを狙ったり、集団戦では相手の数を減らすのが主な役目。

自身はバーストに特化して防御が低いため、攻めた時に倒し切れなかったり先にHard CCを当てられると厳しくなる。

サポート

サポート

味方へのバフをかけたり、相手にHard CCが与えられるチャンピオンが主にこのカテゴリーに含まれる。

ポジションにもサポートというのがあるが関係は無い。このサポートのタグが付いていてもサポート適正が高いわけでもなく、逆に付いてなくてもサポート適正が高いチャンピオンもいる。

敵のアサシンなどから狙われている味方を助けても良いし、逆に相手の防御が低いチャンピオンにCCを当て味方に倒してもらっても良い汎用性が高い役割。

一人でのダメージがそこまで高くないので、味方と協力して本領が発揮することができる。

タンク

タンク

硬さを上げるスキルや、防御向きのステータスを上げることで火力が上がるチャンピオンが主にこのカテゴリーに含まれる。

攻撃を受け止め前線を維持しCCなどで敵を後ろの味方のところに通さないことが主な役目

なるべく前線で長い時間を稼いで、後衛の味方がどれだけ楽に攻撃できるかが重要。

ファイター

ファイター

硬さに加えて攻撃的な部分もあり、殴り合いに強いチャンピオンが主にこのカテゴリーに含まれる。

敵に張り付くことや捕まえる性能が高いチャンピオンが多いので、相手の前線をどのようにかい潜って敵のメイジやマークスマンを捕らえるかが重要。

一対一にも長けていてタフなので、一人で別行動をしてもすぐに倒されることも少なく、逆に相手が一人なら捕まえて倒す性能も高め。

マークスマン

マークスマン

遠隔チャンピオンの中でも、特に通常攻撃に恩恵があるチャンピオンが主にこのカテゴリーに含まれる。物理系が多い。

通常攻撃を主体としているので、スキルがCD状態でもダメージが出し続けれてDPSが高い。

硬いチャンピオンを倒すときや、ドラゴンやタワーなどの体力が高いオブジェクトを取るときに優秀。

チーム内のダメージソースになりやすく、基本的に防御が低いので狙われることが多い。

メイジ

メイジ

スキルの主なダメージが魔法ダメージのチャンピオンが主にこのカテゴリーに含まれる。

魔法ダメージ以外の特徴が様々で共通点はバラバラだがAoEやCCに長けて、広範囲に影響を及ぼすチャンピオンが多い。

チーム内の物理のダメージソースがマークスマンになることが多いが、魔法ダメージはメイジになるので、やはり狙われやすい。

あとがき

役割が同じだからといって、別チャンピオンで同じ動きをするわけではないので、頭の隅に置いて置く程度で良い知識ですが、。

この役割はピックの時に「検索」のところに、その役割を打ち込むとメインのほうの役割のチャンピオンは検索できるので、ピックの画面で迷った時にでも活用できます。

ピック

役割自体はビルド次第で変えれたりもするのもあるのですが、公式が元々どういうのを想定をして作ったチャンピオンなのかを知っておくと、アイテムビルドを組みやすかったり、楽しいので目を通しておくのをおすすめします!

記事を書いたライター

『e-Sportsはまだまだ日本では浸透しているとは言えないので、マイナーからメジャーになるよう微力ながら皆さんと一緒にe-Sportsを盛り上げていきたいです。』
thumbnail.jpg

この記事が気に入ったらいいね!しよう

こんな記事も読まれています

人気の記事一覧