マジカルストーン問題に進展? selva氏が謝罪文を発表!

マジスト

以前コチラの記事で紹介をおこなった、リアルタイムパズルアクションゲーム『MagicalStone』の開発に、ぷよぷよプロゲーマーのれそ(上西恒輔)氏を中心に設立した株式会社レソリューションが関わっており、同社が運営するサイトではRMTがおこなわれているなどの疑惑が浮上し、解決していたとおもわれる『ぷよぷよ』との著作権をめぐった問題についても、問題視する声が相次いでいました。

関係者からの突然の謝罪文

そんな中、渦中の人物であるれそ氏と同じプロゲーミングチーム「SamuraiFrontierGaming」に所属し、同氏と長い付き合いの親友だと語るselva氏が、4月4日17:30に自身の持つニコニコ生放送のブロマガにて、詳しい内容の発表と謝罪を掲載しました。

以下ブロマガより転載です。

拝啓

この度は、MagicalStoneの件について、多くの方に御心配御迷惑をお掛けして、大変申し訳ございませんでした。

私selvaは渦中のresolution氏とは長い付き合いの親友ということもあり、彼が事業の一環としてRMT業務を行っていることを知っておりました。また、程度は理解できておりませんでしたが、RMTというものが良くない事である事も認識しておりました。それにも関わらずMagicalStone製作に加担していた点について、短慮であったと感じております。御迷惑をお掛けした皆さま、大変申し訳ございませんでした。

彼とは、MS発表時にあったような夢や展望について話すことも多く、自分自身もその夢に共感し、「ぷよぷよのeSports化」を一つの目的としておりました。その目的達成にばかり目が行き、手段について冷静に判断できていなかったのが、騒動を起こした原因だと考えております。

今後の活動については、具体的かつ明確な答えは出せておりません。ただ、8年間も共に夢を語っておきながら、自分は安全地帯で普通に仕事をして、彼だけに夢を任せ、問題が起こり、彼だけが叩かれ続けるのが辛いです。どのような形になるかは分かりませんが、彼と夢を持ち続ける限り、今後も形を変えて、夢の達成に向けて協力していきたいと考えています。こんな状況になっておきながら、勝手な友情論を展開し申し訳ないですが、どうしても譲れませんでした。
同時に、このような考えを捨てられないまま、通常のぷよぷよ活動をすることも御迷惑になると考え、暫くの間ぷよぷよ活動を休止することと致しました。
「夢」単体については肯定的な方と否定的な方がいらっしゃるかと思いますが、現時点ではその議論すら出来ない状況であると感じています。必ずクリーンな形で再起し、スタートラインに立てるよう努力して参ります。
最後に、謝罪が遅れて申し訳ございませんでした。彼の親友及びSFGという立場、並びにバッシングの恐怖等を感じ、自分が本件に触れることによる影響を考えてしまい、踏み出せませんでした。御迷惑を掛けた方の事を最優先に考え、真っ先に謝罪すべきでした。申し訳ございませんでした。
この度は、大変申し訳ございませんでした。

敬具

今後の展開にも目が離せない

謝罪文には、れそ氏との関係や熱い想いが綴られており、賛否両論ある『マジカルストーン』が今後どのように進んでいくのか?また、ぷよぷよでの活動を自粛するとあったselva氏ですが、れそ氏がそれを受けてどういった反応を示すのか。

謝罪文からはe-Sportsを純粋に盛り上げたいという気持ちを強く感じるだけに、“クリーンな形で再起し、スタートラインに立てるよう”務めてもらいたいですね!

記事を書いたライター

『記事書くのも、絵を描くのも、ゲームをするのも楽しくをモットーに。一緒にe-Sports盛り上げましょう!』
マジスト

この記事が気に入ったらいいね!しよう

こんな記事も読まれています

人気の記事一覧