【LoL】ついにタリックに変更が? ヘクステッククラフトも本格化

LoL

League of Legendsにパッチ6.7が実装されましたね。今回はその内容を分かりやすくまとめました。

タリックの変更が発表! 大幅な変更か?

なんと今回、ついにあの愛されキャラであるタリックに変更がくることが発表されました。

スキンやスプラッシュアートも別人に

新しいタリックのスプラッシュアート

いや、お前誰だよ!!

下の画像が現在のタリックのスプラッシュアートです。もはや別人ですね。

前のタリックのスプラッシュアート

もはや別人になることが予想されるタリックですが、今のタリックファンの声が気になりますね。

そもそも今のタリックにファンが居るのか謎ですが。

スキルも大幅変更(※一部公式発表から引用)

スキルもまったく違う新たなものに生まれるようです。

タリック固有スキル:ブラバド

スキルを使用すると次の2回の通常攻撃が強化される。この2回の通常攻撃は攻撃速度とダメージが増加し、クールダウンを短縮する。

タリックQ:スターライトタッチ

自身と周囲の全ての味方を「スターライトタッチ」のチャージ数に応じて回復する。チャージ数は時間と共に最大3つまで溜まる。

タリックW:バスティオン

タリックの全てのスキルはタリック自身、そしてリンクした味方の両方から同時に発動される。

自動効果: タリックの物理防御が増加する。

発動効果: タリックが味方1人とリンクして両者のダメージを軽減する。別の味方に使用するか、リンクが切れる距離まで両者が離れない限り、バスティオンの効果はリンクした味方に適用され続ける。

タリックE:ダズル

発動から一瞬遅れて指定した方向に天上の力の波動を放ち、当たった全ての敵にスタン効果を与える。

タリックR:コズミックレディアンス

タリックが星々に守護の力を求める。発動から一定時間後、自身と周囲の味方全てが数秒間無敵状態になる。

スキルまとめ

範囲回復・範囲スタン・範囲無敵と、今までよりも広範囲に影響を及ぼしやすくなると言えます。

使い方次第では集団戦をひっくり返せそうですね!

ヘクステッククラフト

何が出るか分からないヘクステッククラフト

ついに日本鯖でも実装されるヘクステッククラフトですが、果たしてどのようなものなのでしょうか?

ヘクステッククラフトとは?

ある条件を満たすと宝箱(ヘクステックチェスト)や鍵(ヘクステックキー)がもらえます。それを組み合わせる事でチャンピオンスキンやワードスキンが手に入るというもの。

手に入れるためにはかけらを3つ集めるだとか、永久化するためには7日間の試用期間中にオレンジエッセンスを使用しなければならないだとか、さまざまな過程が存在するようで、簡単にはいかないかもしれません。

どうすれば手に入るのか?

サモナーズリフトで、Sランクを獲得する事で宝箱を入手できます。鍵は各ゲームモードをプレイすると稀に獲得できる鍵のかけらを3つ組み合わせて作ります。

永久化に必要なエッセンスも宝箱から手に入り、チャンピオンやスキンごとで必要なエッセンスの数も変わるようです。

ヘクステッククラフトまとめ

無料でスキンやアイコンが手に入ったりチャンピオンが集まったりと、課金をあまりしない方でも手に入れることができるようになったと考えると、嬉しい事ですね!

ボックスを狙ってプレイ時間が増えてしまいそうです!

ランク戦上位のパーティ制限

今回制限を受ける3ティアー

ダイヤモンド以上に制限がかかる

ダイヤモンド以上のプレイヤーは、ディビジョン差が2以内のプレイヤーとのみパーティーが組めるようになりました。

チャレンジャーやマスターは1つのディビジョンと数えるようなので、ダイヤ1のプレイヤーはチャレンジャー~ダイヤ3までと、ダイヤ5のプレイヤーはダイヤ3~プラチナ2までのプレイヤーとパーティーが組めます。

下位のランクは変更無し

この変更はダイヤモンド以上のプレイヤーのみ適用となり、それ以外のプレイヤーは今までと同様になります。

プラチナ1,2のプレイヤーのみ、少し影響があることくらいですね! 安心してランクを回せます!

新実装! ゲームモードローテーションキュー

毎週末さまざまなゲームモードで楽しめる ゲームローテーションキュー

どんなモードか?

ゲームモードローテーションは、今までのゲームモードに新要素が加わった少しユニークなゲームモードを、毎週末にプレイできるようになるというものです。

第1弾は今週金曜日に実装予定で、今後プレイできるゲームモードの予定は事前に公式ページで発表があるそうです。

ヘクステッククラフトももらえる!

このモードで遊んでいても、Sランクを達成すれば宝箱をもらえたり、勝利すれば鍵のかけらをもらえるようです。

普通のモードに疲れたら、このモードで週末を過ごすのも良いかも知れません!

記事を書いたライター

『記事書くのも、絵を描くのも、ゲームをするのも楽しくをモットーに。一緒にe-Sports盛り上げましょう!』
LoL

この記事が気に入ったらいいね!しよう

こんな記事も読まれています

人気の記事一覧