スマブラもe-Sports? 関東で一番大きな大会“ウメブラ”に迫る!

ウメブラ

任天堂が販売している『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS/WiiU』は長い歴史を誇る“スマブラ”シリーズの最新作です。

スマブラは一瞬の差で勝負が決してしまうアクションゲームですが、世界的にはもちろん日本国内でも多くのユーザーに愛されています。

今回は、日本でおこなわれているスマブラの大会の中でも最大級と言われている、「ウメブラ」についての記事です!

ウメブラとは?

今大会の告知バナー 会場の熱気が伝わってきます

ウメブラは私が取材をおこなった回で第22回目となる同タイトルの大会で、およそ月1で開催されています。今回お邪魔したのは4月24日に大田区産業プラザでおこなわれたものです。

前作の『スマブラX』から開催されている「Pioスマ」という大会を、主催を引き継いで運営するウメキ氏が大会名称を変更して開催を続けており、今回のウメブラも参加者募集開始から5分も経たずに埋まってしまったという人気大会です。

会場では192人もの参加者が楽しんでプレイ

あちらこちらで歓声があがる会場 50台近くのモニターが並ぶ圧巻の光景

16ブロックを分けて予選をおこない、それぞれのブロック上位6名の計96名が本戦であるAクラストーナメントを戦い、予選で負けてしまったプレイヤーはBクラスとしてトーナメントをおこなっており、大会中は勝ち負けに関係なく何回もゲームが可能になっており、参加者はそれぞれ真剣かつ楽しくプレイしていました。

ここまで大規模な大会を円滑に進めることができている理由の一つは、参加者やスポンサード企業の協力のもと、50台近くのモニターとWiiUをフルに使って同時進行で予選やトーナメントを進めているからで、会場は常にどこかで歓声が上がっていました。

あの有名プレイヤーの姿も?

フルタイム制のプロゲーマー にえとの氏

大会には日本初のフルタイム制でスマブラをプレイしているDetonatioN Gaming所属のにえとの氏も参加していました。

フルタイム制になってから始めての大きな大会ですが、その後姿にはすでにプロとしての風格がありました。今後の活躍にも期待です。

主催者サイドインタビュー

ウメキ氏

自身も対戦するウメキ氏 真剣な眼差し

今大会の主催を務めるウメキ氏は、自身も選手として参加しています。海外の有名プレイヤーにも“世界一のピーチ使い”と言わせるほどの実力者です。

オーストラリアの大会へ招待されているらしく、その大会の調整のために今大会はいつも以上に気合が入っていたんだとか。スマブラにも海外遠征ってあるんですね……!

しみたけ氏

配信担当SHI-Gaming所属 しみたけ氏

ウメブラをはじめ、関西でおこなわれているスマバトなどの全国各地のスマブラ大会で配信や動画作成を担当している、“Shinonome Gaming(SHI-G)”の代表であるしみたけ氏。

SHI-Gは日本発/初のスマブラ配信クルーとして、スマブラ界を活性化させる為に活動している団体で、大きな大会から自宅で行うオフ会と呼ばれる対戦会まで幅広く手掛けています。

インタビューでは、スマブラをe-Sportsとして盛り上げていく為に、ポケットマネーで地方大会などの遠征に行っていると語っており、スマブラ愛を感じさせる方でした!

にのみや氏

昔からスマブラを愛する にのみや氏

今年でスマブラの大会等に参加し始めて8年目になるというSHI-G所属のにのみや氏。大会当日も配信者として放送に出ていたり、他の参加者との交流をしていました。

なぜこういった活動を続けているのか伺ったところ、「8年前参加した際に当時の主催やスタッフの方に良くしてもらいました。今では自分がそれを若い世代にする番です。」と答えてくれました。

まとめ

私が子どもの頃は家で友人と楽しく遊ぶだけだったスマブラも、今ではこういった大会やイベントなどe-Sportsとしての盛り上がりを見せています。会場に行くまでは対戦会程度だろうと思っていた今回のウメブラも、参加者の多さ・観戦者の熱気などが他のタイトルに負けない熱い大会でした。

家でインターネット対戦だけではなく、このようなオフラインの大会に出てみるのも面白いかもしれないですよ?
次回のウメブラは5月21日に場所は同じく大田区産業プラザPIOにて開催予定だそうです。次回以降は抽選で参加者を決めるようですので応募してみてはいかがでしょうか?

参考リンク

関東 スマブラ for 3DS / WiiU オフ大会 ウメブラ
SHI-G
SHI-G配信ページ(Twitch)

記事を書いたライター

『記事書くのも、絵を描くのも、ゲームをするのも楽しくをモットーに。一緒にe-Sports盛り上げましょう!』
ウメブラ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

こんな記事も読まれています

人気の記事一覧