「CLOCKDAY」-プロゲーマースポットライト

CLOCKDAY

『League of Legends(以下 LoL)』のプロリーグである「LoL JAPAN LEAGUE(以下 LJL)」に出場しているプロチーム「Unsold Stuff Gaming(以下 USG)」所属のプレイヤー“CLOCKDAY”(くろっくでい)選手へ今までの軌跡や気持ちを聞いてきました。

CLOCKDAY選手プロフィール

CLOCKDAY選手
現在「Unsold Staff Gaming」に所属し、LJLに出場中のプロプレイヤー/photo©SANKO inc.

2013年には「TIMEOFCLOCK」、2014年には「7th heaven」の一員として活躍していた経歴を持ち、日本のLoL界の先頭を走り続けていると言っても過言ではありません。

選手インタビュー

CLOCKDAY選手

よろしくお願いします!

はい。よろしくお願いします。

チーム内ではなんて呼ばれてるんですか?

くろっくって呼ばれてますね。

案外普通なんですね。ではUSGに所属して大変だった事はなんですか?

チームを作った最初のうちは本当に勝てなかったですね。
色々なチームとのScrimでもボロボロでした。

それでもメンバー全員が諦めずに続けて、今のUSGがあります。

最初から強かった訳ではないんですね。では逆に、USGで良かったことは?

バーベキューを楽しむCLOCKDAY選手

楽しくプレイできることですかね。本当に信頼しているメンバーです。
LJLチームの中で一番仲が良い自信がありますよ!

(※取材当日はゲーミングハウスに居たメンバー全員でバーベキューをして楽しんでいました。)

なぜプロになろうと思ったんですか?

最初は普通に就職して働く気でいたんです。というか、7hをやめてからUSGに入る前も、会社決まってましたし。
いつだったか、親に相談したときに「自分の人生なんだから好きにやれ」って言ってくれて。

その言葉が後押しになってプロになりました。最初から何か不安とかがあった訳では無いんですけどね。

では次に、メンバーに対して“ここだけは直して!”って所があれば教えてください。

apaMEN選手の起床時間が遅いことですね。いや、本当に遅いですよ。夕方の5時とか6時とかもありますし。

練習とかに影響が出てるわけでは無いので良いんですけど、強いて言えばその1点だけです。

apaMEN選手が……意外でした。共同生活のルールみたいなのは無いんですか?

もちろん有りますよ。あとはルールっていうわけでは無いですけど、なぜか倹約生活してたりとか(笑)

メニューをハムエッグにしたときに、他のメンバーは卵とハム1つずつだったんですけど、僕だけ2個ずつ使ったんですよね。あとからマネージャーに「なんで2個使ったの?」って言われて、「そんなに?」って思いましたね(笑)

いや、それはずるいと思いますけど(笑)。最後にファンに向けて一言お願いします!

次のシーズンではあっと驚くようなプレイしかしません。だって、普通のプレイだと見ててつまらないでしょ?

きっとアナリストとかには怒られるけど、見てて楽しいプレイを心がけますよ!

プロチームに所属して、少しファンとの距離は離れてしまいましたが一度もファンの皆さんを忘れたことはありません。これからも応援よろしくお願いします!

CLOCKDAY選手、ありがとうございました!

はい!ありがとうございました!

プロとして、エンターテイナーとして

プロプレイヤーとしての実力はもちろん、エンターテイナーとしての一面も見せてくれたCLOCKDAY選手の今後のプレイに注目していきたいですね!

所属チームUnsold Stuff Gamingの紹介記事もありますので合わせて読んでみて下さい

参考リンク

Unsold Stuff Gamingオフィシャルページ
CLOCKDAY選手ツイッター
CLOCKDAY選手配信ページ – Openrec

記事を書いたライター

『記事書くのも、絵を描くのも、ゲームをするのも楽しくをモットーに。一緒にe-Sports盛り上げましょう!』
CLOCKDAY

この記事が気に入ったらいいね!しよう

こんな記事も読まれています

人気の記事一覧