ゲーマーならみんな持ってる!?オススメSteamゲーム3選!マルチ編

steam

こんにちは、恍惚のてぃらみすです。

今回は、みんなでワイワイ楽しめる、オススメのSteamゲームをご紹介します。

 

別の記事で、空き時間に一人で楽しめるオススメSteamゲームの紹介も書いてます。

友人が寝ていたり、自分だけ休みの日は是非参考にしてください。

『ゲーマーならみんな持ってる?オススメSteamゲーム3選!シングル編』

 

 

Counter-Strike: Global Offensive(以下:CS:GO)

Counter-Strike: Global Offensive

 

発売日: 2012年8月22日

パブリッシャー: Valve

定価: 1480円

日本語化: 公式による日本語化あり

☆ポイント:プレー人口が非常に多く、チーターの少なさ、優秀なバランスなど競技性の高いFPS

Steamをインストールしている人ならほぼプレイしているであろう大人気FPS。

1999年に発売された『Counter-Strike』(以下:CS)、また2004年に発売された『Counter-Strike:Source』(以下:CS:S)から基本ルールや使用マップはほぼ変わっていませんが、大幅なグラフィック強化や武器調整、マップ調整などが今作に入りました。

Counter-Strike: Global Offensive

また、この画像はCSシリーズで最も多くプレーされているであろうDust2というマップのスクリーンショットで、左は前々作の『CS』、右は今回紹介している『CS:GO』のものです。画像からもわかるように基本的にマップの構造はほぼ変わっていません。

右側にあるGooseという落書きもちゃんと引き継がれています。(実は初期の『CS:GO』にはこの落書きは存在せず、アップデートで追加されました。)

約15年程同じマップを使い続けているゲームは自分の知る限り、CSシリーズしかありません(笑)。またこのマップは誕生してから約15年経つものの未だに研究されている奥が深いマップです。

そして今作で追加された一番大きな機能は、マッチメイキング機能です。

前作『CS:S』や前々作『CS』では、基本的にユーザー所有のサーバーに入ってプレーをするという流れで、トッププレイヤーから始めたばかりのプレイヤーまで同じサーバーでプレイするのが普通でした。

ですが今作から、マッチメイキング機能が追加され、Valveの公式サーバーが自動的に自分と同じくらいレベルを調べてくれるようになりました。これによって、初心者でも十分にCSシリーズを楽しめるようになったというわけです。

しかし、このゲームの難しいところは、アサルトライフル(AK-47やM4ライフルなど)は動きながら撃つとほぼ当たらないという所。

Counter-Strike: Global Offensive上の画像が、走り撃ちをした時の弾丸の広がり具合です。

基本無料FPS(Alliance of Valiant ArmsやSuddenAttackなど)では基本的にスナイパー以外動きながら撃つ、通称走り撃ちをするのが基本ですが、CS:GOにおいてはご法度で、スナイパーライフルを装備している時にするピタッと止まる技、ストッピングがアサルトライフルにも必要となります。

ですがピストル、サブマシンガン(MP7やP90)などはある程度は走り撃ちをしても大丈夫なので、最初はそれらの武器に慣れ、そこからアサルトライフルやスナイパーライフルなどの武器を練習するのがおすすめです。

 

Team Fortress 2

Team Fortress 2

発売日: 2007年10月10日

パブリッシャー: Valve

定価: 無料(2011年6月24日から)

日本語化: 公式日本語化あり

☆ポイント:クラスが9つあり多彩なプレーができる、現在一番人気なスポーツ系FPS

カートゥン調のコミカルなキャラが面白いスポーツ系FPS

発売は9年前と随分古いが今でも頻繁にアップデートを重ねられていて、Steamの無料ゲーでもかなりの人気を誇っています。

Team Fortress 2
基本的にお祭りゲーです(笑) 昔のスポーツ系FPSでは結構な頻度で使われていたロケットランチャーを地面に向けて大ジャンプをする、『ロケットジャンプ』という技が現存している珍しいゲームでもあります。

このゲームの良い所は初心者でもクラスを選べば簡単に活躍ができる所。例えば基礎HPがかなり高くミニガンを持つヘビーや、ロケットランチャーとショットガンを持つソルジャーなどは比較的簡単に活躍することができます。ですが逆に非常に難易度が高いクラス(特にスパイやスナイパー)はいるだけで味方が不利になるので注意が必要です。
また、4年ほど前から基本プレーが無料になったので、その点でもユーザーに優しいゲームとなってます。

ゲームモードは基本的に陣取り合戦、攻撃側がわりと有利なのも他のFPSと比べて人気な理由の1つです。公式マップは6つしかありませんが、どれもバランスが取れているのでその点も◎

またプレーするだけで1週間でアイテムが6~12個ほどドロップし、そのアイテムを装備すると特徴的な攻撃が可能になります。中には瓶入りミルクやサンドイッチ、魚(近接武器)などユニークなものもあるのでドロップ品を眺めるだけでも面白いです(笑)
Team Fortress 2ヘビーが持つサブ装備のサンドヴィッチ。戦場なのに悠長に食べてていいのかと問いたくなりますが、4秒間の硬直の後HPが完全回復します。サンドイッチで満タン回復するタフさは凄まじいです(笑)

ちなみにこのゲームもコミカルながらかなりのグロ要素があります。(ロケットランチャーの爆発で体が爆発四散したり、刀での人体欠損表現など)


Team Fortress 2ロケットランチャーでキルした時の画像ですが、本当に跡形も無いです。

 

Sid Meier’s Civilization V

Sid Meier’s Civilization V
発売日: 2011年7月30日

パブリッシャー: 2K Games

定価: 2980円(DLC16種+本体込みのComplete Editionは4980円)

日本語化: 公式日本語化あり

☆ポイント:勝利方法が5種類あり文明の始まりから宇宙進出までを導く、ターン制ストラテジー
人類、そして文明の歴史と発展をテーマにしたストラテジーゲーム第5弾。

18種類の文明(DLC無しの場合)を古代の文明の始まりから操作し、運営してゆき最終的には、

・宇宙へ進出(科学による勝利)

・社会制度を完成させる(社会による勝利)

・他の文明を全て滅ぼす(制圧による勝利)

・国際連合の会議において、世界の指導者を選ぶ選挙において勝利(外交による勝利)

・(ゲーム内の時間で)2050年までプレー、最終的スコアが一番高い文明になる(時間勝利)

のいずれかを目指すのが目標です。
おおざっぱに他のゲームで例えるとファイアーエムブレムの戦闘+シムシティの都市開発みたいな感じです。

内政を整え科学的な国にして宇宙進出を目指すもよし、軍事国家として核兵器を開発、核で他文明を根絶やしにするもよし、色々な方法で勝利する事ができるのが面白いです。

またこのゲームはマルチプレーに分類しましたが、1人でもAIと対戦することができます。勝利条件が多く、プレーする上で覚えることがたくさんあるので、シングルプレーで感覚を掴んでからマルチプレーに行くことをおすすめします。
Sid Meier’s Civilization V
マス目は今作から六角形になりましたが、基本的なルールは前作のCiv4から簡略化されているため初心者に優しくなりました。

自分の国の領地の周辺の土地を購入、農地や鉱山から農作物や鉱物などを得て自分の文明を発展させて行くのが基本の流れです。まだ行ったことがない場所は雲に覆われていてどのような状況になっているか確認することはできません。

文明はアメリカや日本、アステカなど多くの種類があり、文明ごとに得意な事や苦手な事が分かれているので、自分のプレースタイルに合わせて国を選ぶ事ができます。
ちなみに文明の代表である指導者というのも実際の歴史の偉人から選ばれているのですが、今作の日本の場合は織田信長となってます。(ちなみに前作は徳川家康)
Sid Meier’s Civilization Vそして織田信長は、もちろん好戦的な文明のひとつです(笑)
日本文明の特徴は強い戦闘ユニット、中世の時代から『侍』、終盤では『ゼロ戦』が作れるなどかなり戦闘特化な文明です。

また、Civ5では戦闘ユニットの体力が減ると比例して攻撃力も落ちてしまいますが、この文明の場合はこのルールを無視できるので、最後まで粘り強く戦えるのも強みの1つです。サムライ魂というやつですね(笑)

このゲームがよく言われていることはとんでもない時間泥棒ゲーであるということ、実際にマルチプレーで一番早く終わる設定にしても1時間程かかります。初期設定でも3~4時間程…

もしプレーする際は時間に余裕を持ってプレーするのをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?Steamでは定期的に、ゲームが安く購入できるセールがありますが、これらは定価でも、十分に買う価値のあるゲームだと思います!本当はこれ以外にも紹介したいゲームが多くて、もしかするとまた紹介記事を書くかもしれません!

もし質問(他のおすすめゲーなど)などありましたら、コメントや連絡を頂けたら幸いです! 

是非ライターページより、Steamフレンド申請も待ってます!

 

記事を書いたライター

大きなサイトで記事を書いていくのはこれが初めてです、ですが面白い記事を投稿できるように頑張るので応援よろしくお願いします!
steam

この記事が気に入ったらいいね!しよう

こんな記事も読まれています

人気の記事一覧