LoLで勝つために! 実践したい3つのこと

uL7_r9upnEi4.878x0.Z-Z96KYq

こんにちは、meltです。

今から書く3つの事をしっかりと実践・継続をする事で、対戦ゲームなどで今よりさらに勝てるようになります。筆者は現在『League of Legends』内ランキングで、180万人中の上位1.5%(※)に位置していますが、伸び悩んでいた時期に以下の内容を実践する事でスムーズに上がり始めました。
(※)シーズン5終了時、LoLデータベースサイト OP.GGによる

相手を知る

自分の使っているチャンピオンはもちろんですが、相手のチャンピオンについて知っておくことで、戦いにおいてのスキルを避ける流れや、そこからのカウンターの流れをあらかじめ予想できます。

相手の使っているチャンピオンを知る

自分のよく使いなれたチャンピオンであればまったく問題はありませんが、自分が使った事がなくスキルが分からなければ、ロードの時間中に情報サイトなどで調べることで、ある程度は対応できるようになります。

相手のプレイヤーを知る

LoLであれば相手のプレイヤー情報も、前述のOP.GGなどにより試合前に見ることが出来ます。どういったチャンピオンを使っているのか、勝率はどれくらいかなどの情報は、その相手とどのように戦うかの1つの指標になります。

例えば、相手の成績がとても良いときは、何とか序盤にKILLを取られないように立ち回ったり、逆に相手の直近の調子が悪いのであれば、積極的に仕掛けていくなど、戦い方に幅を持たせる事ができます。

チームメンバーと会話する

どんなスポーツでも同じことが言えますが、仲間との意思疎通がなければ、勝てる試合にも負けてしまいます。どういった意思疎通が必要かを書き出してみました。

ピック時に自分の出来るロールやチャンピオンを伝える

自分が何を使えるのか、どのロールをプレイしたいのか。これらを伝えることで、味方がその役割を譲ってくれたり、相性を考えたピックをしてくれる可能性が高まります。もちろん味方から提示された場合は、快く応じてあげましょう。

ゲーム中にどのように動きたいかを伝える

自分がどこに行きたいのか、いつ仕掛けたいのか。合わせてくれるかどうかは味方次第ですが、言わなければ分かりません。LoLにはチャットやPingという機能があるので、自分のしたいことをどんどん伝える事が重要です。

褒める・励ます・謝る

味方が上手いプレイをした際に「nj」(nice job:よくやった)や、失敗してしまった際に「nvm」(never mind:気にするな)と声掛けをする事は、チーム全体の士気を高めます。逆に自分が失敗したときや、味方について行けなかったときは素直に謝りましょう。

ゲームが終わるまで諦めない

序盤で差がつくと、どうしてもゲームを投げたくなります。

味方が1人AFKしてしまったり、DCしてしまったりすることも少なくありません。

それでも諦めなければ、どんな状況からでも逆転できる可能性があります。ネバーギブアップ

まとめ

・相手との戦いを有利に進める為に、相手について知ろう
・チームの士気を上げるために、仲間との会話を意識しよう
・例えどんな状況でも諦めずにプレイしよう

このように、プレイが上手ではなくても勝ちに繋がる行動は沢山あります。どれも次のゲームから実行できることだと思うので、是非意識して試してみてください。上位1%も夢ではないですよ!

記事を書いたライター

『記事書くのも、絵を描くのも、ゲームをするのも楽しくをモットーに。一緒にe-Sports盛り上げましょう!』
uL7_r9upnEi4.878x0.Z-Z96KYq

この記事が気に入ったらいいね!しよう

こんな記事も読まれています

人気の記事一覧