スマブラDX BattleGateWay#11レポート 制したのは関西からの刺客Rudolph選手

BGW

定期的に開催されているスマブラDXの関東大会“BattleGateWay”が7月23日に、蒲田にある大田区産業プラザPioにて開催された。約80人を超える参加者のなか優勝を制したのはRudolph選手。関西から遠征し意気揚々と大会に臨んだRudolph選手は、アウェイの空気をものともせず、一度も敗者側へ落ちることなく優勝を手にした

決勝戦 Rudolph選手 vs Shippu選手

BGW11 Grand Final Shippu(peach) vs Rudolph(marth)

勝者側に控えるRudolph選手に挑むは、敗者側にて名無し選手に勝利し決勝戦に駒を進めたShippu選手。

Shippu選手のピーチは、下必殺技「野菜引っこ抜き」にて婆カブ、ボム兵を幾度となく引き当てプレッシャーをかけるも、Rudolph選手は慌てることなく冷静にこれを対処した。

見事優勝し関東大会を制したRudolph選手
VGBC|aMSa選手との試合では見事に雪辱を晴らした

試合後、簡単にではあるがRudolph選手に話を聞くことができた。

Megane「優勝おめでとうございます。」
Rudolph選手「ありがとうござます。」

Megane「どの試合も見ていて興奮する試合でしたが、一番きつかった試合は誰との試合でしたか?」
Rudolph選手「勝者側決勝のvs名無し選手ですね。」

Megane「たしかにあの試合は見ていてとても悩まれていたようでした。Rudolph選手はマルス・フォックスのダブルメインだと聞いていましたが、名無し選手との試合に今回シークを投入されましたよね?以前から練習していたのですか?」
Rudolph選手「シークは対サムスだけに特化し練習していました。ステージ選択で名無し選手に夢の泉を選ばれたけれど、マルスでは台の高さの関係上、着地狩りが難しいんです。また、シークは対サムスに特化していたので、どのステージを選ばれてもいいように準備しておいたというのが理由です。」

Megane「VGBC|aMSa選手にKVO2016の借りを返せましたね。何か対策はしてたんですか?」
Rudolph選手「自分が海外から帰国してから初めて負け、なおかつ納得のいかない試合内容だったので、今回遠征するにあたり一番警戒し、立ち回りの再構築操作精度の向上など、万全の対策をしました。」

Megane「優勝した際、会場でのインタビューにて『まだ最強は名乗れない。』とおっしゃっていましたが…。」
Rudolph選手「倒してない人間がいる以上最強は名乗れません。やはり倒したいのはGucci選手です。」
※前回、前々回とBGWを2連覇したGucci選手は今回参加していなかった。

Megane「なるほど。それでは定期的にBGWに参加していただけるということでよろしいですか?」
Rudolph選手「金銭の付く限り定期的に参加したいですね。Gucci選手が倒したいですし。」

Megane「期待しています。ありがとうございました。」

早くも次回開催が決定しているBattleGateWay。Rudolph選手の次回以降の活躍にも目が離せない。

決勝トーナメントシングルス順位

また、大会の結果はご覧の通りとなっている。

1位: Rudolph
2位: Shippu
3位: NNS!
4位: だーよし
5位: VGBC | aMSa、kkp
7位: K.F、Plata
9位: コリウス、二日未満、ふぁるぱん、Sanne
13位: わっち、パオ、皇帝キング丸、きゃすぱー
17位: WTS、メリノ、MOSH、SamurAI、TaSo、Ultrakirby、KingBBB、ともも
25位: ゆたろ、じん、モグラ、ロビー、Louman、春日、Butz、あぶ

参考リンク

BattleGateWay公式HP

記事を書いたライター

より多くの方にe-sportsとしてのスマブラを知っていただけたらと思います。
BGW

この記事が気に入ったらいいね!しよう

こんな記事も読まれています

人気の記事一覧