2016年11月から日本eスポーツリーグが開催 全国各地から6チーム以上が参戦

日本eスポーツリーグ

2016年9月16日(木)に東京ゲームショウ2016のTwitchブースで、日本eスポーツリーグの発表がおこなわれた。

日本eスポーツリーグは2016年11月から翌年1月までのWinterシーズンと、2017年5月から7月にかけてのSummerシーズンとして、eスポーツコミュニケーションズ合同会社が主催する大会で、予定ではFPS(PC)『FIFA17』(PS4)、格闘ゲームの3つの競技が採用される見込みだ。

参加予定チーム

Naturals HOKKAIDO(北海道)
東京ヴェルディ(東京)
名古屋OJA(愛知)
インフィニティ大阪(大阪)
CYCLOPS OSAKA athlete gaming(大阪)
iGS(エリア選定中)

すでに6つのチームが参戦を決めており、さらに参戦するチームも選定しているという。

Jリーグにも出場している東京ヴェルディや、サンプラザ中野君氏のチームNaturals HOKKAIDOなどが参戦予定と、大きく注目を集めるに違いない。

採用タイトルはCYCLOPS OSAKA athlete gamingが『オーバーウォッチ』と『鉄拳』のプレイヤーを募集していることから、それに『FIFA』を含めた3タイトルになると予想できる。

新しく始まる大きな大会から、目が離せない。

参考リンク

日本eスポーツリーグ 公式サイト
日本eスポーツリーグ ツイッター

記事を書いたライター

日本eスポーツリーグ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

こんな記事も読まれています

人気の記事一覧