LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE 2016 開幕戦レポート

LJLロゴ

―2016年1月17日 秋葉原UDX2F アキバスクエア
今期で3シーズン目となるLEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE(以下 LJL)の開幕戦が開催されました。会場には朝から多くのファン・関係者が来場し、熱い闘いに視線を注いでいました。今回は配信では伝わらないような、会場の熱気が伝わるように書こうと思いますので、是非これを見てオフラインに来たいと思ってもらえれば幸いです。

開場前には長蛇の列が

DSC_6318
開場してすぐの様子。スタッフの誘導で続々と入場する来場者の様子

天気はとても良かったものの、超寒かった当日の最低気温はなんと2.3度。そんな寒さの中、開場待ちの列は時間を追うごとにどんどん増え、列をいくつかに分けなければならないという盛況ぶり。若干おした開場時間ではありましたが、入場開始と共に来場者の方々は、足早に座席を求めて中へと入っていきました。

会場は中央にステージがあり、それを囲うように客席が並んでいて、席数はそれなりにあったのではないかと感じましたが、それでも多くの立ち見が発生するなど、3シーズン目ということもあってか、日本でのLeague of Legends(以下 LoL)も盛り上がってきたことを実感していました!

DSC_6332迫力のステージ。今回もMCはLJLではお馴染み、DJMucchanこと、室川氏

開場前にはフォトセッションも

DSC_6294今回は総勢7名のコスプレイヤーさん達が会場を盛り上げてくれた

上の写真は、開場前にプレス・関係者のみで行ったフォトセッションです。このようにコスプレイヤーさん達が集まっていたのはこの時のみだったため、今後は来場者の方にもそういった時間があるといいな、とか思ったりしてました。

 

熱い試合展開と熱い実況

DSC_6420

実況解説は皆さんご存知 eyes氏(左)とrevol氏。今回も会場を盛り上げてくれました。

 

実況が熱くなるのも無理は無いですよね。開幕戦にふさわしい組み合わせが目白押しでした。1試合目は今シーズンより参戦した「Unsold Stuff Gaming(以下 USG)」、2試合目も今シーズンより参戦の「BlackEye(以下 BE)」の試合という事もあり、目が離せないですし、3試合目は昨年の王者を決める闘い、”Grand Championship”にて、最終試合までもつれこむ接戦を見せたライバル同士の対決となっていて、全て目が離せませんでした。
組み合わせ

第1試合「7th heaven(以下 7h)」vs「USG」

1ゲーム目の最終ピックで、競技シーンではあまり見ないBlitzcrankをpickして、会場を沸かせたのはUSGのサポートを務めるEnty選手。持ち前のhook性能を最大限に生かして、USGは初参加ながら1ゲーム目で勝利をあげた。しかし7hも負けてはおらず、2ゲーム目は一進一退の攻防が続き、33分が経った頃、Enty選手の良いイニシエートが決まるも、7hの見事なカウンターで取り返す。

DSC_6396

上の写真は7hのフォトセッションでの写真。3ゲーム目は、Enty選手が直前の試合で、ヘッドセットを試合終了前に外したとして、アンフェアでのペナルティを受け、レッドチームでのプレイやBAN枠を1枠減らされるなど、厳しい闘いとなったUSG。序盤から積極的に動くUSGに対して、うまくかわしつつ試合を進める7hが有利を広げていき、気になる第1試合を2-1で制したのは7hとなりました。

 

第2試合「CROOZ Rascal Jester(以下 CRJ)」vs「BE」

DSC_6476

新規チームBEを迎え撃つ、古参チームCRJの選手達。

 

ゲームが動いたのは、開始4分という相当早い段階でした。BEのサポートRyavka選手の、Alisterによるフラッシュインでのイニシエートに対し、CRJのサポート Corn選手のthreshがBEのADC、RhythmAsaly選手が操るEzrealを捕まえて4-1のキル交換で、大きく有利を取ったCRJがそのまま逃げ切り、1ゲーム目を先取しました。。なんとか喰らいつきたいBEでしたが、2ゲーム目、積極的なカウンタージャングルなどでプレッシャーを与え続けましたが、やはり経験の差でしょうか、CRJのうまい立ち回りに翻弄されてそのままGG。勝利チームはCRJでした。

 

第3試合「DetnatioN FocusMe(以下 DFM)」vs「Rampage(以下 RPG)」

DSC_6514

昨シーズンではDFM相手に無念の惜敗を喫したRPG。今年はリベンジなるか?

先にも触れましたが、昨シーズンの王者を決める闘いで、わずかに届かなかったRPGと、王者DFMの闘い。まさか開幕戦で実現するとは、誰が予想したでしょうか?私はしてましたが。肝心の試合ですが、今シーズンからDFMに加入したADC、Zerost選手が集団戦でダメージを出し切り、RPGの猛攻を耐え切って、1ゲーム目を先取しました。2試合目、集団戦でのチームワークを見せたDFMが、Ceros選手が使うAhriの活躍により2連勝。DFMが1試合目の勝利を決めました。

 

試合の合間には恒例の”アレ”

DSC_6447

コスプレイヤーさん達が、来場者の方々の前に姿を現したのは、試合の合間に行われるスワッグタイムのときでした。スワッグタイムとは、LoLのイベントでよく行われる、チャンピオンのグッズやアイテムを観客に向けて投げる、プレゼントタイムのことです。今回は2回のスワッグタイムにより、結構もらえた人も多かったんじゃないでしょうか?写真はTeemoのコスプレをするベカ氏です。キノコ投げまくってました(笑)

 

まとめ

昨シーズンと比べると、様々な面でパワーアップしたLJLで、これからの発展にも期待が持てる開幕戦でした!それに、LoL日本サーバー(日本鯖)のクローズドベータテスト実施の発表があったり、さっぽろ雪祭りにLoLのチャンピオンが、雪像として登場する予定が発表されたりなど、オンライン以外でもますます大きくなっていくLoL市場に、さらに期待が膨らみます。北海道出身の私は、雪祭りへの進出を聞いた時、めっちゃ嬉しかったですね(笑)

3月1日には日本鯖オープンと今日本で熱いLoL、みなさんもやってみませんか?

記事を書いたライター

『記事書くのも、絵を描くのも、ゲームをするのも楽しくをモットーに。一緒にe-Sports盛り上げましょう!』
LJLロゴ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

こんな記事も読まれています

人気の記事一覧